×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



ホンダ・NSX リンク集

ホンダの第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり[1]、バブル景気絶頂期の1989年に発表され、翌1990 年から2005年までの15年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造、2006年まで販売がなされた。価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様は60万円高)で、当時の国産乗用車の中では最高額だった。その後、改良や装備の追加 等により徐々に値上がりし、900万-1,300万円台となっていった。なお販売した15年間は当時のスポーツカーの新車価格では日本車最高額だった。

エンジンは、C30A型V型6気筒 DOHC VTEC NA 3.0Lで、運転席後方に搭載し後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)を採用している。 また当時、市販自動車として類を見ない「オールアルミモノコック・ボディー」を採用した。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、殆どを手作業で行っていた。

このような特色と価格帯から、日本車で唯一のスーパーカーとも評された。

日本国外では、ホンダブランドの他、ホンダの高級車チャンネルのアキュラブランドから、日本名と同じ「NSX」の名前で販売された。

欧米で2006年から始まる燃費・排ガス環境規制への対応が難しいため、欧州向けは2005年9月末、北米向け・日本国内は同年12月末をもって生産終了となった。なお、後継モデルは、日本では2010年以降に開業が予定されているアキュラブランドからの発売予定が表明されていたが、2008年の世界的な金融危機に端を発した事業見直しにより、アキュラの日本導入白紙撤回とともに開発を中止した。[1]

2009 年5月27日、当時 社長であった福井威夫が新型ハイブリッドシステム開発を発表した際に、「後継車の開発がストップしているNSXのHV(ハイブリッド)もありうる」と、NSXがHVとして復活する可能性を示唆した。[2]

ホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNewSportsCarXの略である。1989年のプロトタイプ・モデル発表からしばらくは、NS-Xと、SとXの間にハイフンが入っていたが、1990年の販売開始時にはハイフンが取れて現在の名称となった。

発売から6年半前の1984年、本田技術研究所がホンダ車の得意分野である前輪駆動以外の駆動方式の基礎研究を進めていくうち、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)駆動方式の開発に着手したことが契機となる。開発責任者は、先述のMR駆動方式を開発研究していた上原繁が担当。操縦安定性を専門に研究していた上原の意向でハンドリングにこだわるスポーツカーを目指すことになり、軽量なオールアルミボディーの採用など、当時の革新的な技術が開発・採用されるに至った。

開発に当たってはフェラーリやポルシェなどの高級スポーツカーが比較対象になったが、特にフェラーリのV8モデル フェラーリ・328を越える走行性能を目指して開発され、当時個体性能差が大きかった328をデータ取りのために何台も購入したと言われている。開発段階からアイルトン・セナや中嶋悟など、当時ホンダがエンジンを供給していたF1チームのドライバーが走行テストに参加。車両をテストした彼らからボディー剛性の低さを指摘されたため、過酷なコースレイアウトで有名なドイツのニュルブルクリンク等で走行テストを繰り返し実施した。当時ニュルブルクリンクでの走行テストは、テスト車両のみを持ち込み走り込むというものが主流である中で、サーキットに程近いミューレンバッハ村にテスト基地を建設。8か月(冬季は封鎖)にわたり走行テストを繰り返すという姿勢で開発に臨んだ。その結果、当時世界初のオールアルミ製軽量高剛性ボディーが完成した。

搭載するエンジンは様々な案が提案され、当初は軽量スポーツカーのパッケージング案から、直列4気筒 2.0Lであった。しかし、社内事情やアメリカ市場を見据えたリサーチなどから、開発最終段階ではホンダ・レジェンドのエンジンをベースにしたV6 SOHC 4バルブ 3.0Lとなった。さらに、当時インテグラ用に開発中だった新機構搭載のDOHC VTECが完成。これまでのようなレース用ではなく、市販車NAエンジンでの100PS/Lの実現と、それに対する市場の好評を受け、急遽DOHC VTEC化の指示が出された。DOHC化によりシリンダーヘッドが大きくなることからホイールベースの延長を余儀なくされたが、エンジンを傾斜させることにより30mmの延長で対処した。外見の特徴であるリアオーバーハングの長さの理由は二つあり、ひとつはマフラーをエンジンルームから遠ざけることで、ルーム内の温度上昇を防ぎエンジン補機類の寿命を延長することと、空力性能の向上により高速走行時の姿勢安定性の向上のためである[3]。

さらに、当時のスーパースポーツの多くは車中心の考え方で設計されており、運転姿勢や快適装備などでドライバーに負担を強いる部分が多数あった。対してNSXではそれを考慮してドライバー中心のスポーツカーとすることを目標とした[4]。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 ホンダ・NSX リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4